お金借りる アルバイト

アルバイトでもお金を借りることができるのか?

2010年6月に貸金業法が大幅に改正されたことにより、お金借りることに対する条件が明らかに厳しくなりました。
この貸金業法の改正のよって出来た法律のひとつが「総量規制」という法律です。
この法律を簡単に説明すると「借金の上限額を年収の3分の1まで」に制限するものであり、この法律は貸金業者に対して「明らかな貸しすぎ」を規制するものでもあります。

 

そしてこの法律は、アルバイトの方がお金借りる場合にはどのような影響を及ぼすのでしょうか。
まず、アルバイトの場合はそもそもお金借りることができるのでしょうか。
結論から申し上げますと、アルバイトの方でもお金借りることは可能です。

 

アルバイトでもお金を借りることは可能だが・・・

ただし、やはり正社員などの正規雇用で働いている人と比較した場合に、信用面などにおいてはどうしても劣るため、条件面ではやはり厳しくなることが予想されます。
例えば、ひとつの仕事を継続して続けているか、安定して稼げているか、などの証拠の提示を求められることもあるでしょう。
過去数か月分の給与明細の提示を求められたりすることもありますので、お金借りる予定のある方は大事に保管しておく必要があります。

 

条件は厳しくなりがちだが収入が証明できればお金を借りやすい

信用面から条件は厳しくなる傾向にはありますが、逆にいうとしっかりこれらのことを証明できれば、アルバイトの方でも安心してお金借りることができるのです。
そして、やはり総量規制の制限のかかる消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合には、年収の3分の1までが限度になります。
これは、正社員の方も、フリーターの方も、パート主婦の方も公平に年収の3分の1が限度になります。

 

年収の3分の1以上のお金を借りるなら銀行系カードローン

また、総量規制の対象となっていない銀行系カードローンなどから借入するという方法もあります。
しかし、この場合でもやはり年収の提示は必要となりますし、やはり借入額には上限があると思った方がいいでしょう。
この上限は、銀行によってさまざまなので銀行ごとに確認する必要があります。

 

アルバイトでもお金を借りることは可能だが無理のない借入を

このように、アルバイトの方でも安定した収入があればお金を借りる方法はちゃんとあります。
ただし、やはり正社員の方よりも将来の収入がやはり不安定であることは事実です。
ですから、より一層の計画性や返済管理が必要となりますので、しっかりと返済シュミレーションなどを行い、無理のない借入を心がけるようにしましょう。
また、消費者金融や銀行系カードローンなどのホームページで返済シュミレーションができるツールがありますので、そのようなものを利用することも有効だと思います。

 

急ぎでお金を借りる必要があるときは即日審査のキャッシングを

あなたがもし、クレジットカードの請求が払えないなど今日明日にでもすぐにお金を借りたい、そんな状況になった時はキャッシングを即日で対応してくれている会社がとても役立ちます。ただ、申し込みの時間帯によってはその日からキャッシングできない場合もありますので、注意が必要です。でも、お急ぎの方は一度利用してみてください。